AGOSアイクリームは効かないって本当?効果を出すコツは?

目元にシワやたるみが目立ってきた。

こんな時に役立つのがアイクリームです。

目元の皮膚は他の場所と比較してもとても薄いため、シワを作りやすく色素沈着等も目立ちます。

そのため専用のスキンケアを行うことにより、5年後、10年後の目元を確実に若々しく保つことができます。

アイクリームは様々なメーカーから発売されていますが、商品によって配合されている成分等に特徴があり、実感力が高いものや速攻性に優れているものなど色々な商品があります。

そんな中でも特にアンチエイジングに効果的だと言われているのがAGOSアイクリームです。

この商品には今まで使われていなかった新成分が配合されており、その効果は実証実験でも認証済です。

実際に購入された方の口コミを見ても、

目元に自信が持てるようになった

人の目を見て話すのが怖くない

周囲の人に年齢より若く見られるようになった

このように高い効果を実感している方が多く存在します。

しかし、口コミの中には思うような効果を実感できなかったケースも少なからずあるため、今日はAGOSアイクリームで最大限効果を実感するコツについてご紹介していきたいと思います。

まず、基本的な使い方です。

AGOSアイクリームは、朝のメイク前や夜の就寝前など、1日2回を目安に使います。

一通りのスキンケアを終えた後に、適量のAGOSアイクリームを薬指にとり、片方の手でシワを引き上げながらまぶた→目の下→こめかみといった三ヶ所にポンポンとなじませて行きます。
馴染ませた後は指の腹でしっかりと密着させます。

この時になぜ薬指を使うのかと言うと、人差し指などでは圧力がかかり過ぎる可能性があるからです。

薬指は力加減がちょうどよく入るため、アイクリームを使う際は必ず薬指の指の腹を使うようにして使っていきましょう。

特にシワやたるみが気になる場所は重ね塗りするとより効果的です。

塗ってから少し時間が経過するとふっくら感を実感できるため、朝のメイク前に使う際には少し時間を置いてからメイクすることをお勧めします。

自己流で適当に使ってしまったり、毎日使用せず不定期で使うと思うような効果を実感できない場合があります。

そのため、必ず継続して続けていく事と、正しい使用法をしっかりと守って使うようにしてください。
使い方がいまいちわからない場合には、AGOSアイクリーム使い方の動画も公開されています。

通常のアイクリームは目の下やこめかみなどを中心に使うものが多いのです、AGOSアイクリームはまぶたにも使用することでたるみに高い効果をもたらします。

最近顔が疲れている。

もしもあなたが日常的にこのように感じているのなら、目元のエイジングサインが進行している証かもしれないので、是非この機会にAGOSアイクリームでアンチエイジングを行ってみて下さい。
AGOSアイクリームの口コミ効果!目元ケアは本当?

Hs