アトピーで目の周りが赤く乾燥!改善のコツは?

アトピーで目の周りが赤く乾燥するのも困りますが、もっと大変なのは我慢できないほどのかゆみが襲ってくることです。

今回は、赤く乾燥しかゆみが我慢できないアトピー症状を改善できる方法を紹介します。

【目の周りが赤く乾燥する原因は?】

□目の周りは大変デリケート!

顔は他の皮膚に比べてデリケートな部分ですが、目の周りの皮膚はとく薄く毛細血管も表皮に近い部分にあるので、小さな刺激でもかぶれや赤みを起こす場所なのです。

アトピー性皮膚炎の方は必要な保湿成分が不足しているため、乾燥状態&バリア機能も低下しています。

少しの刺激でも肌には大きな負担となるので、いちばん繊細な目の周りはとくに刺激を与えないよう注意しましょう。

【目の周りの赤みや乾燥、かゆみを改善するコツは?】

□ステロイド剤を使った治療が大切

ステロイド剤を使うことに抵抗がある人もいますが、医師の判断を守って正しく使用しないとアトピー症状を改善できません。

ステロイド剤は強い薬ではありますが、医師から受けた正しい使用方法を守って使えば症状も改善でき、ひどい副作用やリバウンドを起こす心配もありません。

ただ目の周りの皮膚はとても薄くデリケートなので、強いステロイド剤は絶対使用しないでください。

医師に症状の相談し目の周りにしようしても安全なレベルのステロイド剤を処方してもらいましょう。

□ステロイド剤を使うときの注意点

目の周りにも使えるレベルのステロイド剤でも、絶対目に入れないように気をつけてください。

万が一目に入ってしまうと白内障を引き起こす恐れがあります。

ステロイド剤を塗るときは症状から1cmほど離れた場所につけてから、少しずつ赤みが強い場所へと伸ばしてください。

赤みの部分にステロイド剤を塗れたら炎症がない部分についたステロイド剤をティッシュで優しく拭き取ります。

白内障を起こす可能性が高いのは、いちばん強いランクのステロイド剤を使った場合なので、医師に相談して処方された優しいランクのステロイド剤ならそこまで不安になる必要はありません。

使用方法をしっかり守り、目の周りの赤みやかゆみを改善しましょう。

□乾燥を防ぐには保湿が大事

目の周りの乾燥を防ぐには保湿が重要です。

馴染みのあるヒルドイドやワセリンを使って保湿する方法がおすすめですが、目の周りはとてもデリケートな部分なので、一度相談してから保湿剤を選んだほうが安全です。

症状がひどいときは刺激になるメイクもなるべく控え、肌への負担を減らしてあげましょう。

◆いろいろ注意して工夫しても、アトピーがなかなか改善しなくて目の周りもカサカサでかゆいときは、アトピスマイルを塗ってみてください。

ライスパワーNO11の成分で十分に保湿して保水するので壊れた肌のバリア機能が修復するのをサポートします。
アトピスマイルの口コミ効果!保湿対策に優れている理由
アトピーの私も使っていますが、潤ってかゆみが軽減するので助かっています。

入浴後にアトピスマイルを薄く塗るといいですよ。

公式サイト↓


uG