ヒアロディープパッチで目元のクマ対策にもなる?

目元のクマは疲れて見えたり、老けて見えたりしますよね。

目元って、睡眠不足や偏った食事などの生活習慣がふと現れてしまいますよね。

ヒアロディープパッチは潤いを補給し、目元の小じわの深部まで届けてくれます。

では、目元のクマ対策にもなるかどうかですが、なります。

もともと人の身体にあるヒアルロン酸は年齢と共に減り、シワやハリがなくなったりします。

水分が足りていない状態になるので目元のトラブルに繋がるのです。

実はヒアルロン酸は1gで6Lもの水分を蓄える力があり、ペットボトルにすると12本分にもなります。

水分が足りていないと血液もドロドロになり、血行も悪くなるのでクマにも繋がります。

ですから、潤いを与えるヒアルロン酸を補給する事が大事です。

ヒアロディープパッチは2017年のモンドセレクション金賞を受賞しており、世界にも認められています。

また、医学誌にも掲載され、化粧品としては数少ない実績なのです。

開発と販売している会社は東証一部上場企業の北の達人コーポレーションです。

ヒアロディープパッチの口コミ!目周り小じわ対策がすごいって本当?

では、ヒアロディープパッチのすごい所は何なのか気になりますよね。

それは、シート上にマイクロサイズのヒアルロン酸の針を成形してある所です。

一般的なヒアルロン酸のクリームは角質層まで浸透しにくいのですが、ヒアロディープパッチはマイクロのニードルが溶ける事で角質層まで浸透できます。

ヒアルロン酸の針は痛そうと思うかもしれませんが、針の長さは200マイクロメートルなので痛くない注射と言われています。

医療現場でも使われているマイクロニードル技術を参考にして開発した世界初のヒアルロン酸ニードルなのです。

マイクロニードルそのものをヒアルロン酸で作っているのです。

貼ってすぐは少しチクチクしますが、10~15分で溶けだして肌に馴染みますのでずっとチクチクは続きません。

その後針が完全に溶けて成分が浸透するには約5時間程です。

週に1回就寝前に貼るだけで良いのです。

使い方は洗顔後にお肌を整えた後に乾いた手でとりだし、フィルムからはがして目の気になる所に貼り付けます。

クマであれば目の下なので目の際から3mmは離して貼り付けます。

貼り付けた後は優しく2、3回押さえます。

そしてそのまま寝ます。

翌朝シートをゆっくりはがすとクマが気にならなくなっているはずですよ。

クマが酷すぎて短期間でなんとかしたい方は最初の1週間は3回使用しても良いです。

その後は1週間に1回にしましょう。

不要なものは入っていないヒアロディープパッチは安心してお使いになれます。

ぜひ公式サイトでもご覧になってみてくださいね。

公式サイト↓
ヒアロディープパッチ

hU