目元の小じわを増やすダメな習慣4つ です。

顔にエイジングサインを見付けた時、どのようにケアをするでしょうか。

コスメや美容法を行うということも良いですが、その前に、そのエイジングサインの原因になっているNG習慣を見直すことから始めてみませんか。

目元の小じわをまねくNG習慣を4つ紹介します。

◯1つ目はアイメイクを落とすときにゴシゴシ擦ることです。

目元に限らず、皮膚を擦ると摩擦によってダメージを与えてしまいます。

メイクを落とすとき以外にも、痒い時などもゴシゴシ擦るのは止めましょう。

アイメイクを落とすときは、コットンに専用リムーバーやクレンジングローションなどを含ませて、まぶたに数秒あててから優しく拭うようにメイクを落とします。

落ちにくい場合は、綿棒を使うなど擦らずにメイクを落とすように心掛けましょう。

◯2つ目は洗浄力の高い専用リムーバーを毎日使うことです。

落ちにくいアイメイクをしていると、どうしても洗浄力の高い専用リムーバーが必要です。

しかし、肌にとっては必要な潤いも落としてしまうことがあるので注意が必要です。

毎日使うのは控えたいものです。

そのために、毎日バッチリメイクをするのではなく、週に1日はすっぴんで過ごすことや、石鹸で落とせるメイクにすることも考えてみてはいかがでしょうか。

◯3つ目は油分を避けたスキンケアです。

べたつくのが嫌いだからと、油分を避けたケアをしていると乾燥し、小じわができてしまうことにつながります。

自分の肌に合うものを見付けて、目元を保湿して小じわの発生を防ぎましょう。

◯4つ目はつけまつ毛を数日間つけっぱなしにすることです。

つけまつ毛を愛用している人も少なくないと思います。

しかし、つけまつ毛を何日間もつけたままにしていると、接着剤によって負担をかけることになります。

面倒かもしれませんが、毎日メイクを落とすときに外すことが大切です。

つけまつ毛は、剥がすときに皮膚をひっぱり小じわを招く恐れもありますし、接着剤によって負担もかかるので、毎日はつけないようにすることも必要です。

目元を綺麗にメイクをしたいと思いますが、肌の負担のことも考慮して肌に休養日を設けることから始めてみてはいかがでしょうか。

◆目元のお手入れを日頃からしっかりすることで、綺麗な目元になりますね。
目元の小じわ、シミ、くすみ、たるみなど気になる時は、アイキララを使ってみてください。
アイキララは、目尻のシワも消す効果はある?

目元の悩みもすべて解決!と人気です。