目元にクマを作らない5つの寝る前ケア

夜遅くまで遊んだり、仕事で夜遅くなったり、そんな日の翌朝は目のクマに悩まされませんか?

しかし、このクマ、寝る前にあるケアをすることで、対策できるのです!

1つ目は、電子レンジチンで作るスチームタオルアイピロウです。

ハンドタオルを水で濡らして1分程度レンジでチンするだけで、簡単にスチームピロウが作れます。

これを眠りにつくまでの数分間目元に乗せてるだけで、目元を保湿して効果が得られます。

2つ目は、目薬です。

目薬、意外ですが目のクマにも有効です。

目の疲れを取ってくれて、朝までの眠りの間に目を休めてくれます。

目薬は、刺激の少ない疲れ目用を選び、冷蔵庫では冷やさずに常温でさしましょう。

3つ目は、アイケアドリンクを飲むことです。

目の疲れを癒すドリンクの存在をご存じでしょうか。

目のクマで悩む場合も、是非オススメです。

寝る前に疲れた目と目元のために1本飲むと、翌朝の目はイキイキしますし、クマで悩むこともなくなります。

1本、数百円と少しお高いかもしれませんが、それだけの価値はあります。

4つ目は、寝る直前まで目玉体操をやることです。

動かし方は自由で、左右や上下、グルグルまわすなど、まぶたの内側で目玉をグルグル動かすだけの体操です。

布団に入って目を瞑ったら開始しましょう。

目と周りの筋肉がほぐれて、心地よい眠りに誘われるでしょう。

5つ目は、アイマスクをすることです。

これは、一番簡単な方法ですが、アイマスクをかけて眠るだけです。

目と周りをカバーしてくれることや、擦れたり蒸れたりしないこと、そして軽い寝返りでは取れないフィット感があること、顔にアイマスクの跡がつきにくいものを選びましょう。

市販のもので良いですが、ガーゼを重ねて自分で作るのも良いでね。

早寝が良いことはわかっていても、なかなか難しいものかと思います。

目のクマは繰り返しているうちにクセになるので、そうなる前に、ここで紹介した方法でクマ対策をしてみてください。

◆目元ケアを日頃からしっかりすることで、目元のくまも出なくなります。

それでも年を重ねるごとに、目元のクマもとれにくくなりますね。

改善しない目元のクマや、シミ、くすみ、小じわ、たるみなど気になる時は、アイキララを使ってみてください。
アイキララの口コミ効果!目元のクマが消えるのは本当?
目元の悩みをすべて解決!と口コミでの評価も高く人気ですよ。