目周りのシワやたるみは、どうすれば改善できる?

顔の中で皮膚が1番薄いと言われている目元。

女性は30歳を過ぎるとエイジングサインが気になるようになると言われていますが、特に多いのが目元周りのシワやたるみです。

私が初めて目元周りのシワやたるみに悩み始めたのは30代前半でした。

20代には見たことがなかった目元周りのシワに気づいたときには、あまりにショックで様々なアイクリームを試してみた記憶があります。

もともと目元にシワができてしまう大きな原因は乾燥や摩擦ですが、特に他の場所と比較しても目元の皮膚は0.5ミリ程度しかありません。

そして逆に身体の中で1番厚いと言われている背中の皮膚は3ミリ程度にも及ぶため、目元の皮膚がどれだけ薄いかはこれでわかっていただけると思います。

今できている目元周りのシワやたるみをこれ以上深刻にさせたくない場合には、まず正しいスキンケアを身につけることが大切です。

あなたはクレンジングや洗顔を行っているときに、ついつい目元周りをゴシゴシと洗っていませんか?

最近のアイメイクはとても進化しており崩れにくくなっていますよね。
しかしお湯で落ちるなんて書かれているものでも、実際にはお湯をかけただけで落ちるものは少なく、結果的に目をこすってしまっている方もとても多いのです。

できることならアイメイクは専用のリムーバーで落とすことをオススメします。

これは私が美容関係の仕事をしていた時から多くの方にアドバイスさせていただいたことです。

ついつい面倒なので顔全体をクレンジングで落としてしまう方はとても多いのですが、目元周りだけはしっかりと専用のリムーバーで時間をかけて優しく落としてあげることにより、10年後のあなたの目元は劇的に変化します。

そして何度もお話ししているように目元周りの皮膚はとても薄いので、肌のバリア機能も1番低下しがちな場所です。

そのため、しっかりと肌内部まで保湿できる成分を取り入れることにより、目元周りの皮膚の弾力を保つことができます。

市販されているアイクリームは安いものから高いものまで様々ですが、高いから効果があり安いから効果がないとは一概に言えません。

どちらかと言うとアイクリームを探す際には、配合されている成分などに着目して、自分の肌と相性の良いものを探すことで今発生しているシワやたるみといった悩みを解消することにつながります。

そしてシワやたるみだけでなく、目の下のくすみも老けて見えてる最大の原因になります。

ハリと弾力のある透明感ある目元が若々しさを演出してくれるため、美白にも力を入れてあげてください。

最近ではオールインワンアイテムも人気を集めていますが、オールインワンを使っている方でも目元周りだけは専用のスキンケアアイテムを使うことをお勧めします。

特にこれから冬にかけて空気はどんどん乾燥していくため、目元のシワは作られやすくなります。

しっかりと保湿と美白を行いながら、若々しい目元を作り上げてくださいね!

◆どんな専用のスキンケアアイテムを目周りのシワやたるみに使うかわからない方は、ヒアロディープパッチを使ってみてください。
ヒアロディープパッチの口コミ!目周り小じわ対策がすごいって本当?

ヒアルロン酸がぐんぐん目元に吸収されて目元がふっくらとハリも出てきた!という口コミも多く人気です。

週に1回のスペシャルお手入れのみで大丈夫なのも簡単です。

公式サイト↓
ヒアロディープパッチ

us