モンドセレクション金賞受賞のアイキララはどんなアイクリームなの?

近年、モンドセレクションを受賞した食品や飲料、化粧品など、目にする機会が増えてきました。

そもそも、モンドセレクションとは何かと申しますと、食品、飲料、化粧品、ダイエット、健康を中心とした製品の、技術的水準を審査する民間団体のことです。

ベルギーのブリュッセルに本拠地があり、1961年から、毎年、審査が行われています。

市販される商品の品質向上を目指しているので、相対評価ではなく、絶対評価で行われ、基準をクリアしていれば、受賞できます。

ですから、様々な商品で、モンドセレクション金賞受賞のロゴを見かけるわけです。

巷では「モンドセレクション金賞は、どんな商品でも貰える」など言われているようですが、そんなことはありません。

しっかり品質基準をクリアしている商品が金賞を貰えるということなので、安心できますね。

さて、モンドセレクションを理解したところで、2016年、金賞を受賞した「アイキララ」を、ご紹介します。

ー目元には『アイキララ』ー

●寝不足でもないのに、目の下にクマができている。

●厚塗りしても、メイクではごまかせない。

●年齢を重ねると共に、目元の悩みが悪化する一方だ。

●なにが原因なのか、わからないから対策のしようがない。

『アイキララ』は、上記のような目元の悩みを解決してくれる、目の下用のアイショットクリームです。

目元の悩みは、目の下の皮膚が痩せて、薄くなることが大きな原因です。

目元の皮膚は、人体の中でも最も薄く、血色や、筋肉の色が反映されやすいので、ハリや弾力が失われて痩せてしまうと、目元が暗く見えてしまいます。

そうすると、年齢よりも老けて見えたり、元気が無いように見えてしまうのです。

『アイキララ』は、そんな目元の皮膚痩せを、内側からサポートしてくれる心強いアイテムです。

ー『アイキララ』の成分がスゴい!ー

『アイキララ』には、MGAというビタミンC誘導体が配合されています。

ビタミンC誘導体とは、肌への浸透が難しいビタミンCを加工し、肌へ浸透しやすくしたものです。

ビタミンC誘導体のままでは、美白作用や、抗酸化作用はありませんが、肌へ浸透すると、ビタミンCに戻り、ビタミンCの持つ美白作用や抗酸化作用を存分に発揮するという画期的な処方がなされています。

その上、MGAビタミンC誘導体は、ハリと弾力を呼び覚ます役割もしてくれます。

コラーゲンの生産を促進して、肌内部にコラーゲンを留める役割をするので、栄養分や潤いを長くキープしてくれます。

結果、肌のキメを整えて、なめらかな肌を作ってくれるのです。

また、メラニンの生成を抑制する効果があり、ハイドロキノンに匹敵するほどの美白作用があると言われています。

ここで、ハイドロキノンの説明を少しさせていただきますが、ハイドロキノンは、皮膚科などでシミの治療に使用される成分です。

肌の漂白剤と言われるほど、色素沈着に対する美白効果が高いのですが、その反面、成分が強いので、赤く腫れたり、肌の色が抜けて白班ができるなどの副作用も確認されています。

ハイドロキノンを一般化粧品に配合できるようになったのは、2001年からです。

私自身、ハイドロキノン配合の化粧品を使用したことがありますが、使用上の注意点も多いので、初めて使う時も、使用中も、常に不安がありました。

その点、MGAは、ビタミンC誘導体ですので、美白効果はハイドロキノンと同等に優れていても、安全性が高く、ハイドロキノンより安心して使用できるのです。

MGAは、美白を求める人に、とても注目されている成分なのです。

そんな『アイキララ』は、青クマ、茶クマ、黒クマのすべてに対応しているので、使用を続けることで、明るい目元を取り戻せるでしょう。

そして、内側から、ふっくらとした肌になり、目元から若々しい印象に変わること、間違いなしです。

us