涙袋のたるみが悪化!目元スキンケアでケアできる?

涙袋のある方、若い頃は良かったものの年齢を重ねて、それが悩みに変わってきたということはありませんか。

私は、目もとに涙袋があり、可愛いと言われることもありましたし、目が大きく見えるのでチャームポイントでもありました。

その自慢の涙袋が年齢を重ねた今は悩みの種になってきています。

私は童顔なので、少し前までは実年齢よりも若く見られていました。

若いというよりも、幼く見られていたという表現の方が正しいかもしれませんね。

でも、とにかく実年齢よりも年下に見られるのは嬉しいものです。

それが最近は、すっかり老けて見られるようになってしまいました。

きっと涙袋がたるんできているからです。

涙袋がたれると老けて見られるものなのですね。

これ、戻すことはできるのでしょうか。

目の周りの筋肉が衰えていると、涙袋もたれてしまうという話を聞いたことがあります。

年齢が重なると、筋肉が低下し、脂肪が支えられずたるみます。

涙袋のたるみも同じことが言えます。

涙袋は筋肉でできているので、衰えたるんでしまうのですね。

ケアの方法としては、ヒアルロン酸注射があります。

目の皮膚を伸ばしてヒアルロン酸を入れるのです。

一時的にはケアできますが、根本的にケアではありません。

その他のたるみの原因として、肌の老化が挙げられます。

これも筋肉の衰えが原因です。

そこで、ケア方法です。

眼輪筋を鍛えましょう。

瞬きをするトレーニングが良いです。

下瞼を意識して、頬は動かさないように注意してください。

下瞼は上瞼と違って動かしにくいですが、継続すると鍛えられます。

それにプラスして、まぶたを閉じた状態で目を動かすのも良いですよ。

マッサージをする時は、目頭から目尻へアイクリームなどを使って行うのも良いですね。

筋肉がほぐれ、血行促進、涙袋に栄養が届けられるようになります。

力を入れるとダメージを与えることになるので気を付けてください。

メイクを落とす時は、力を入れないで優しく洗ってくださいね。

目薬や保湿できるアイマスクなどを使うのも良いです。

目が疲れていると筋肉の負担がかかるので、目の周りを温めたり疲れを取ると良いですね。

お風呂に入りながらマッサージしたりトレーニングをするのも良いです。

目もとのスキンケアは、肌のハリを復活させるものを使うと良いです。

ビタミンC誘導体が入っているものやコラーゲン、エラスチンもお勧めです。

コエンザイムQ10やレチノールも優先したいですね。

コラーゲンを塗布するのも良いですよ。

ヒアルロン酸を注入したり、レーザー治療など手術という方法もあります。

しかしコストの面や1回では完了しないとか失敗の危険もあります。

もし、お金をかけられるけれど、リスクは背負いたくない場合、美顔器を使うのも良いですね。

オススメは、エステナードリフティです。
美顔器エステナードリフティの口コミ効果レビュー!ハリアップの噂は本当?

美顔器には惹かれるけれど、あまりコストはかけられないという方、もっと気軽にスキンケアをしたいという方、ヒアロディープパッチはいかがでしょうか。

目もと専用のスキンケアとなっており、良い成分がしっかり奥まで届いて高い力を発揮してくれます。

1週間に1回のスペシャルケアで取り入れるもので、毎週楽しみに使われている方がたくさんいますよ。

痛みのない小さな針が角質層まで成分を届けてくれます。

主にヒアルロン酸が成分となっており、お肌に良い働きかけをしてくれます。

無添加にもこだわっているので肌にも優しくお手入れができます。

筋肉のトレーニングやスキンケア等、色々な面からケアをしてみてくださいね。

ヒアロディープパッチの口コミ!目周り小じわ対策がすごいって本当?

u