ラピエルのメリットとデメリットの解決策

お肌の悩みはつねに尽きないもの。

スキンケア商品をあれこれ変えても、これといった効果が得られず諦めてはいませんか?

そんなあなたのスキンケアジャーニーに終わりがくるかもしれないオススメがあります。

それは、「ラピエル」という美容液です。

CROOZの人気ブロガーで美容家がプロデュースした商品です。

そこで今回は、ラピエルの効果の真相をメリットとデメリットとともにお伝えしたいと思います。

まず、あなたはどのような肌トラブルを抱えていますか?

ニキビ、毛穴、たるみ、むくみ、乾燥、テカリ…などなど人それぞれの肌質、体質ごとに問題をおもちだと思います。

これらのトラブルは一見別の問題によって生じているようですが、じつは根本原因は共通しているのです。

それが、肌機能の低下による炎症です。

お肌の水分が減少すると、異物や刺激、紫外線、乾燥といったことが要因となり、肌に炎症が生じてしまい、過剰な皮脂分泌によるテカリや、毛穴からの排出がうまくいかなくなることでの毛穴詰まり、水分が保てなくなることでの乾燥、シミやたるみ、シワなどの肌トラブルが生じてしまうのです。

したがって、スキンケアで大切なことは炎症を抑えること、水分を保つ肌をつくることです。

ラピエルには、某有名エステサロンで1回30,000円で提供されているグラウシンを配合。

グラウシンは植物に含まれるアルカロイドという有機化合物の総称で、抗炎症作用や気管支の気管支を拡張する作用があります。

この成分を塗布することで、お肌の引き締めや、毛穴の開きの解消が期待できるほか、ネットではまぶたに塗っていたところ、「目がぱっちりとしてきた」、「二重になった」などといった口コミもありました。

腫れぼったいまぶたにお悩みの方や、顔のむくみに悩まれている方には、普通の美容液ではなかなか得られない嬉しい効果ですよね。

さらにラピエルには、甘草の根や茎から抽出される成分グリチルリチン酸2Kを配合。

これは、植物由来の成分で、近年抗炎症作用が高い美容成分として大きな注目を集めています。

グリチルリチン酸2Kは、皮膚科でも処方され、あらゆる肌トラブルの原因となる炎症を抑えるほか、ニキビ肌の改善や、乾燥対策の効果もあります。

また、ラピエルには美肌には欠かせない高い保湿効果のあるセラミドを含んでいます。

セラミドはヒアルロン酸やエラスチンなど有効成分を肌内部に蓄え、保つ効果が高いことで知られています。

こうした希少成分に加えて、カタツムリエキス、プラセンタ、ヒアルロン酸といった豊かな潤い成分いより、多角的に炎症と乾燥からお肌の機能を高めてくれるのです。

ローズ水を配合していることで、香りからもリフレッシュ効果が期待できます。

そんなラピエルですが、メリットとデメリットをみてみましょう。

まずメリットですが、
1.あらゆる肌タイプの悩みを解決してくれる。

2.乾燥から守ってくれるため、新たなトラブルを作りにくい肌にしてくれる。

3.ニキビ肌の改善が期待できる、4.小顔効果が期待できる。

5.かわいいパッケージとバラの良い香りで気分も上がる、といったことが挙げられます。

一方デメリットとしては、
1.あくまで化粧品なので薬ほどの即効性はない。

2.バラの香りが苦手な方には苦手な可能性も。

3.少量で伸びが良いため、保湿感が感じにくいなどが考えられます。

これらのデメリットを解決するためには、まず香りの点では、ローズ水を配合しているので、そこまで香りはきつくありません。

また、即効性に欠けると感じる方は、ぜひ継続して使ってみてください。

ラピエルは本当に少量で首まで使えるほどコスパが良いので、夜だけでなく朝もメイクの前に使用することで効果を感じるまでのスピードが早まります。
ラピエルの口コミと目元ぱっちり効果は本当?

年齢に応じてあらゆる肌トラブルを経験しているあなた。

その根本的な解決のためには、炎症と水分補給が鍵かもしれません。

希少な成分と高い保湿力をもつラピエルで、美容液ジャーニーを終わらせてみてはいかがでしょうか。

⇩⇩お得なコースがある公式サイトはこちら
9851

us